物件によって家賃に含まれている費用もある

管理費や共益費を含んでいるところも多い

物件によっては家賃に含まれる費用と、含まれておらず別に徴収される費用とが存在しています。たとえば共益費で、管理費と呼ばれている地域もありますが、中身としては共用部分が適切に維持できるようにするための費用といわれています。また、ロビーやエレベーターなどがある場合、それらの部分の電気代や水道代をはじめ、浄化槽の保守点検などに使われることが多いです。別で徴収するところも多いですが、家賃に最初から含んでいるところもあるといわれています。別表示にしなければいけないという決まりはないため、物件によっては徴収していても特に明記せずに家賃だけが引かれているような形となっていることも少なくありません。一般的に、共用部分については、全ての住人で分担して支払うこととなっています。

借り方によっては消費税が含まれる

物件の借り方によっては消費税がかかることは知っていましたか。住居として住む場合には一切かかりませんが、事務所にする場合や倉庫にする場合などは、家賃に消費税が含まれる場合も多いといわれています。住居以外で借りる時にはかかると法的に決められているため、駐車場・倉庫・店舗といった物件であってもかかるようになっているのが特徴です。消費税がかかるポイントとして、住居以外全てとなるため、注意してください。自宅が手狭だからと貸し倉庫を利用する場合にも消費税はかかります。借りる人が個人・法人関係なくかかるため、借りる時には注意してください。なお、支払い方法として銀行振り込みや大家に手渡しといった方法があります。しかし、どの支払い方をしても消費税の金額に違いはありません。