物件や地域に特有の費用もある

管理費と共益費が必要なケースも

マンションやアパートなど賃貸物件を探すのなら、管理費と共益費についても知っておきましょう。まったく必要のないケースもありますが、物件によっては賃貸料とは別に設定されているからです。これらは物件や公共の施設・設備を使ったりや維持したりするために必要なので、設定されているのならば支払わなければいけません。例えば、エントランスやエレベータの保守、そして共用のゴミ捨て場の管理費用などに使われるので、そこで生活するなら必須の経費だといえます。もちろん、借りる前に管理費と共益費については知ることはできます。物件情報に載っていない場合は、管理費と共益費のことを不動産屋に聞いて、賃貸料以外の料金を支払う必要がないか確認しましょう。

自治会費や町内会費に注意

賃貸物件に住む場合、その地域に支払う自治会費や町内会費が必要になる場合があります。金額はバラバラで、1ヵ月あたり200円のところもあれば1000円以上のところもあります。また、入会金として数万円(場合によっては10万円以上のところも)取られるケースもあるので、少しでも節約したいのならきちんと調べておきましょう。ただ、こちらは賃貸料に上乗せされるのではなく自治会や町内会に納めるものなので、不動産屋に聞いても教えてもらえる可能性は低いです。もしも、自治会費や町内会費を知りたい場合は、近所に住む人に質問してしまうのが確実な方法です。義務ではないので支払わない方法もありますが、人間関係のトラブルに巻き込まれる可能性があるので気をつけましょう。